脱毛の基礎

脱毛施術を受ける前の心得、事前に踏まえておきたい注意すること

脱毛施術を受ける前に注意しておきたい注意事項ですが、肌トラブルを引き起こさないように直接もしくは薬などの服用に関しては施術を差し控えるようにします。その他に肌トラブルなどが起こらないように幾つかの注意点を参考にして下さい。

肌性質のチェックはカウンセリング時に

脱毛を受ける際に気をつけておきたい重要点ですが、後に肌や体のトラブルを起こさないように事前に留意しておくことが必要です。脱毛サロンやクリニックではいろいろな施術前の注意点があります。それというのも施術する機械はレーザーを使ったり、光を照射したりと少なからず肌にダメージを与えますので、自分の大切な体を壊さないために注意書きは必ず読んでおくことが大事です。

まずは基本中の基本ですが、肌質が弱いという点においては脱毛施術に向かないとされますので、こちらは無料カウンセリングの時にしっかりと肌質などをチェックしてもらいましょう。チェックに関してはパッチテストなどを行なって施術が可能かどうかの肌チェックを行います。それをクリアしていれば、次からの施術予約を入れることが出来ます。

施術前の日焼けは避けて体を休めましょう

よくあるサロンでの注意事ですが、施術前には日焼けはタブーとされていますので、施術する1週間前には日焼けをする可能性を無くしておいてください。それと言うのも日焼けは肌の火傷となっていますので、こちらは火傷した肌にさらにライトを照射するので、肌に対しては水ぶくれや炎症を起こしかねない状況となりますので、絶対に避けないといけません。

施術前に万が一、日焼けなどで肌が正常な状態でなければ、予約を変更するなどの手続きを取って肌を休ませるようにしておくことが得策です。また、夏場での施術に関しては来店するまでに日焼けをする可能性があるので、こちらも万全の日焼け防護をする体制で臨んで行くことをお勧めします。

注射や薬の服用はショック症状を引き起こすことも

脱毛施術を受ける前に予防接種や薬などを服用するなどといった事が無いようにも注意しないといけません。予防接種に関しては注射後の肌にライトを照射するなどといった事になりますと炎症を引き起こしかねませんので、予防接種などの注射を打った場合には2週間以上を空けてのスケジュールを変更することが必要になります。

また、予防接種だけでなく、何らかの薬を摂取している場合には、こちらも脱毛施術を受けることを差し控えないといけませんので、薬の服用期間の1週間以上は期間を離しておくことが必要です。予防接種や薬の服用によって、脱毛施術の際にアナフィラキシーショックなどを起こす可能性が無いとも言えませんので、こちらも出来る限りのスパンを空けて行うことを注意しておかないといけません。

あとは汗をかいたり、発熱を起こしている状態での施術を受けるというのもサロンによっては施術を行えないということも注意しているところもありますので、こちらも注意に従って、安全な施術を行えるように施術前は万全を期すことにしましょう。