脱毛の基礎

脱毛するなら知っておきたい毛の構造、周期などの基礎知識

脱毛の自己処理はやみくもに続けていてもずっと不毛な処理が続きます。サロンやクリニックでの脱毛は毛周期を計算して効果的な脱毛施術を行なっていますので、しっかりと毛周期タイミングを逃さずに行いましょう。

やみくもに自己処理続けていませんか?

普段から脱毛する際はカミソリや毛抜きでムダ毛処理をするという人が多いと思いますが、やみくもに続けていることはありませんか? ムダ毛のお手入れには決められた周期などを守って続けることが大事と言われています。

それと言うのも毛には生える毛周期というものがあって、およそ3~6ヶ月の周期で成長して生え変わっていくものです。特にムダ毛と言われるワキ毛や脚や腕の毛というものは、抜いたりすれば、さらに数日間でまた生えてきたりするようになりますが、脱毛に良い毛周期というものを計算して脱毛をしていくと効果が出てくると言います。

しかし、ただ単純に毛を抜いたり、カミソリなどで手入れを行っているだけでは、ずっと生えていくことは変わりなく、いつまでも生えては抜けての繰り返しを重ねていきます。重要なのは毛の生える組織に的確なダメージを与える事が大事です。

サロンやクリニックでは毛周期を重要としています

巷で流行っているサロンやクリニックの脱毛は機械のライトやレーザーなどを照射して毛の生えてくる組織を破壊していきます。美容脱毛に関してはダメージを与えてくことで、毛の生えるスピードを衰えさせるといった形で施術をしていきます。

この施術をタイミングの良い毛周期のタイミングをしっかりと見据えて施術を行うことで、毛の生える活動を停止させていきます。数回だけでは完璧に行える訳ではありませんが、的確に毛周期のタイミングを合わせていき、回数を重ねることで確実にムダ毛の生える活動を停止させることが出来ます。

では、その施術に適した周期というものをどのくらいの期間というのかを聞いてみると、およそ2ヶ月間位のスパンで施術を繰り返し行なっていくと、回数を重ねる毎に毛の生えるスピードや毛の太さ、濃さというものが段々と細くなってくると言われています。

脱毛施術を受けた最初の時はまだ、その丁度よいサイクルを探りながら始めますので、『毛が前よりも濃くなった』とか『毛が生えるスピードが早くなった』などの戸惑いもあるようですが、それは最初の施術の刺激によるバランス変化とも言われますので、気にしなくても良いと言われています。

始めたら終了まで中断しないように

美容脱毛は医療脱毛に比べて、回数を重ねることが多いと言われていますが、確実に回数を重ねて続けていくごとに、毛の生えない構造に近づいてくるので、絶えず、3ヵ月以内の周期を守って脱毛施術を繰り返していくことを忘れないようにしないといけません。

毛周期のタイミングを怠り、もしくは諦めて長期間放置してしまうと、再度、成長が元通りに促進されて、最初から施術を繰り返し行うことが必要になると言われていますので、一旦施術をスタートさせたら、毛周期のタイミングを合わせた2~3ヶ月内のサイクルで施術を行なっていくようにすると良いと言われています。