脱毛の基礎

自己処理脱毛にはどんな種類があるのか?悩みや問題点を解決

今まで体験した自己処理で出来る脱毛には数々の難点があると言われていますが、実際にはいろいろと試したものは良いのかというのを実例の体験を踏まえて紹介したいと思いますので参考にして下さい。

カミソリよりも無駄な家庭用脱毛機器

誰もが体験している自己処理の種類ではカミソリや毛抜きなどの脱毛方法があると思いますが、こちらは毎度毎度に延々と続けていく上で肌の炎症や怪我をする可能性を帯びていて、大多数の女子では経験しているかと思いますが、実際には肌にはあまり良くない脱毛法と言われています。また、自己処理にかける時間や痛みも伴うこともあり、人前に晒す事が無ければ実行したくない脱毛方法と言われています。

次に基本的な誰でもやっている脱毛から、少しハードルを乗り越えたレベルを上げた脱毛方法というのが、脱毛機器での脱毛になります。世にある脱毛機器というのは何千種類とも言われていて、外国産のも含めると何万という種類にも及ぶと言われています。

脱毛機器は毎年いろいろな変化や機能が増えたりして、何が最高なのかもよくわからないままに、途中で断念する人も多いかと思います。家庭用脱毛機器での脱毛は一番世の中で無駄な脱毛とも言われています。

その理由は長続きしない、効果が出ないものがほとんど、お金の割に成果がほとんど得られていないという残念な結果が統計としても口コミの評価でも具体的な残念事例と共につぶやかれています。

クリームは肌荒れ注意、ワックスは罰ゲーム

一時期は流行った脱毛クリームなどは毛を溶かすといった脅威の脱毛クリームでした。私も体験しましたが、驚くほど表面の毛が溶けたように綺麗に除毛されました。しかし、すぐにプツプツと毛が毛穴から飛び出て、すごく恥ずかしい思いをしたのを忘れません。また、除毛クリームの効力がキツくて、肌荒れがとてもひどくすぐに中止したのを覚えています。今でもクリームとかで脱毛をしている人がいるのでしょうかと思うくらいに大変な思い出です。

また、ここ近年で流行っているブラジリアンワックスはごっそりと毛が抜ける脅威のワックスです。こちらはペタッと脱毛したい部分に塗ってシートを張って一気に抜き取るのですが、本当に罰ゲームなくらい痛い思いをするのです。こちらは出来れば、ハイジーナ脱毛に使って綺麗に脱毛しているという人も居ますが、逆に控えたいし、自分では使いたくないと言われるくらいに評価は割れています。

痛くないのをお望みならばサロンがいい

そもそもこういった脱毛は自己処理ではどれもが少なからず痛い思いをしている人が多く、結局はサロンに通っているという人が最近では多いようです。それというのもサロンの方が実際に安い料金で提供されているのもあって、すごく利用しやすいという面や「痛くない」という面がとても大きい。

また、美容脱毛を行うサロンとなれば、アフターケアに関してもエステティックサロンのように肌ケアに関するトリートメントが充実していて、来店する前よりも肌ツヤが良くなっているという声がとても多いのです。それだけサロンでの脱毛がとても良いという口コミが広がっているのもプロが行う体に優しい脱毛だからというのが頷ける。