脱毛の基礎

サロンやクリニックの脱毛の種類やメリットとデメリットを確認

数あるサロンやクリニックによる脱毛施術には違いがありますが、どちらも脱毛には定評のあるものとなっています。その脱毛施術の種類や特徴などを見比べて評判の良いものを紹介します。

最近で脚光を受けているフラッシュ脱毛

最近ではサロンの数もクリニックの数を抜いて、全国店舗型のサロンも増えてきました。それだけサロンが増えだしたのは、豊富な格安メニューだけでなく、「痛くない脱毛」といった面がとても強く、まだまだサロンの数が増えてきていると言われています。

美容脱毛を主に扱っているサロンと言うのは、光照射をして、脱毛ポイントにジェルなどを伝って浸透させていく、効果的な脱毛施術と言われています。フラッシュ脱毛とも言われるもので、元々はフォトフェイシャルという施術で使用されていた技術になっています。毛穴や肌の引き締めなどを行なっていたものが、脱毛効果も得たことから、こちらが定番となったと言われています。

医療脱毛の施術を受けた人が、美容脱毛に試しに移り変わって、「痛くない」というのが第一の印象と言われています。それくらいに脱毛施術に関しては画期的な印象があります。

まだまだ根強いレーザー脱毛

主にクリニックで使用されているレーザーというのは医療脱毛の定番と言われる脱毛機器の種類と言われています。医療脱毛は医療行為なので、医療の力で脱毛を促進するといったことになりますので、効果も美容脱毛の施術よりも割合効果があると言われています。

レーザー脱毛に関しては、美容脱毛よりも効果の度合いが強くて、回数や期間においても短期間で永久脱毛の実現が得られると言われています。人によっては一刻も早く永久脱毛を実現したいために、医療脱毛によるレーザー脱毛の施術を受けるという人は今でも多いと言われています。

しかし、レーザー脱毛というのは確かに効果が実証されてはいるのですが、どうしても痛みを伴うことが多く、その痛みに耐えることが出来ないという人も多いと言われています。そのため、レーザー脱毛を扱っているところを辞めて、フラッシュ脱毛を扱っている美容脱毛やクリニックを探すといった人が多いというのも効果よりもどうしても痛くない脱毛を望むという人が多いのだそうです。

ニードルは資格が必要なため、フラッシュに移行

今さらではありますが、ニードルの脱毛施術を行っているサロンやクリニックというのはひと昔前の脱毛機器と言われています。答えは、効果は一番あるが、とても痛くて耐えれないと言われることが多いです。施術内容というのが、毛穴に針を通して電気を流すという少々荒い治療と言われています。また、ニードルを扱うにはクリニックもそうですが、エステサロンでは資格を持った者でないと扱えないシロモノになります。

これだけの様々な種類の脱毛機器がある中で、一番良いと言われる点は誰もが施術を行なってもらうのに「痛みを伴わない」という点が最重要と言われています。そういった点においてはフラッシュ脱毛がどれよりも勝っているため、ニードルから移行しているところも増えているようです。

少々他の脱毛機器よりも施術回数が増えることになっても痛みという恐怖から開放されるのであれば、常に痛くない脱毛を行えるフラッシュ脱毛を扱っているところを探してみると良いかもしれませんね。